DECOクレイクラフト "遊楽彩美"



徒然なるままに…

a0092074_17265867.jpg

7月1日東京帝国ホテルで、DECOクレイクラフトアカデミー35周年と、同時に発売された三刷の書籍の出版お祝いパーティーがありました。

35年、その一部分を共に歩ませて頂いている若輩者の私…今回2度目の参加となりました。
それはそれはとても素敵な空間で、本部スタッフの皆様や受付を担当下さった講師の皆様の笑顔で迎えられた温かい会場でのひと時でした。
ホテルの大広間、真っ白な円卓の中央に粘土で作ったテーブル飾花…私も担当させて頂きました。
しかしながら、なんとも情けない事に、他の先生方との差があまりに大きく、心が折れました(泣)まぁ、当たり前といえば、当たり前のことですが、どの先生方もとってもお上手で、私などが製作担当者に選ばれたことがそもそも何かの間違いだったとしか言いようがありません。
折れた心は、立て直すしかありませんから、もう、終わった事にして次に進むとしますね。
DECOの諸先輩先生方はじめ、作品を目にして下さった皆様、今回の不出来はこれからの「のびしろ」と多目に見てやってください。大きな反省と課題を抱えしまいましたが、今回の痛い経験は、とっても良い勉強となりました。
ありがとうございました(^-^)
会場の演出とライトのおかげで、写真では輝いて見えるよー(笑)良かったね。



ところで、、
作品集ではすでに素晴らしすぎる作品の数々に出会っておりましたが、パーティー会場で実際の作者である先生方とお会いして、様々なお話しをさせて頂いたことで、
さらには宮井和子先生が壇上で口にされた「適当で良いのよ~♪」
この言葉が、DECOに出会って夢中になっていた気持ちを振り返るきっかけにもなりました。

私は…
「楽しい」からDECOが続けられた。
「頑張る」ことは苦手!
~遊楽彩美~ 教室の名前の通り、楽しく遊ぶが一番♪だったはず。

私がDECOに出会った頃、とっても気軽に粘土を楽しんでいた。
こうじゃなきゃいけない!という厳しい思いなど自分には何もなくて、出来上がったもの、それが正解っていう感じで、そしていつも誉めてもらったりして、手芸初心者の私は単純に楽しかった(^-^)
着色不要、シンプルな道具、扱いやすい粘土、全てがワクワクウキウキ♪
もちろん、今もそういったものは根底にあるはずなのに…
私自身が変わってしまったのかな?
「楽しい」が減少している模様(笑)
これじゃいけない!!
ホントにいけない!!

頑張るな!私…
いうほど頑張ってないけど、もっと頑張るな!私…

どんどん増えてく新しいカリキュラム、頑張ってついていこうとしてるけど
ホントに全部ついていけるのか?私…
無理しなくていいんじゃないの?
前を行く人の背中を見つめて、もっともっと後ろの方からゆっくりと自分のリズムでついて行くのもいいのかも。

DECOクラフトに出会って、出会うはずのなかった人達とたくさん出会い、楽しさ、笑顔、いっぱいの幸せを頂いている有難い日々。
だからこそ、そんな幸せを少しでも長く感じていたいと思うから、立ち止まることも必要かもしれない。

この先、私は…どう進むのか?
いや、どう進めていくのか?
自分自身をしっかり持って、今一度ゆっくり足元から見つめなおそう。

そんなことを考えながら、
パーティ当日長年にわたってDECOを続けてこられた大先輩の皆様への功労賞表彰が行われていた光景を振り返り、本当にスゴイ!!とあらためて感じております。

~DECOクレイクラフトアカデミー35周年おめでとうございます~
[PR]
by youraku-saibi | 2016-07-02 17:26
<< 35周年パーティー 東京散歩 >>


大森です♪